高齢化社会ではバスの活躍が必要です

私たちの国では高齢者の人口が増えてきています。高齢者の人口が増えるということは長生きする人が増えるということですから喜ばしいことです。ただひとつ注意して欲しいことがあります。それは高齢者がどこへでも自由に外出できるようにして欲しいということです。高齢者の中には自動車が運転できて自由にどこへでも行ける人もいます。ですが多くの高齢者は自動車を運転することはできないです。そうなると日常生活に支障を伴うことがあるのです。家の周りに生活に必要な施設が揃っていれば問題はないのですが、実際はそのような場所は少ないです。生活するの必要な施設があちこちに点在していると、自動車を運転できない高齢者は移動するのが大変になってしまいます。家族に自動車を運転できる人がいるご家庭なら良いのですが、そうでないと生活するのが大変になってしまいます。ただでさえ最近は未婚化や少子化でお一人で生活なさっている高齢者の方が増える傾向にあります。ですから公共交通機関が充実していない地域では、バスの力が重要になってくるのです。バスを街中に網の目のように走らせることができれば、高齢者は何の不自由もなく日々生活することができるのです。